国立国際医療研究センター研究所 生体恒常性プロジェクト

造血幹細胞エイジングにおけるp38αの機能を解析した論文が公開されました.

2021.03.18

研究生の反町さん,大友さん,学振特別研究員の雁金さんによる,造血幹細胞エイジングにおけるp38αの機能を解析した論文が公開されました.p38αは正常の老化プロセスの初期と後期でそれぞれ造血幹細胞機能を維持あるいは傷害するという相反する機能を有することを見出し,造血幹細胞エイジングは単調な過程ではないことが示唆されました.また、早老症モデルであるAtm遺伝子の欠損下ではp38αは造血幹細胞の数や機能を維持する働きをしていることが分かりました. (p38α plays differential roles in hematopoietic stem cell activity dependent on aging contexts.)