国立国際医療研究センター研究所 生体恒常性プロジェクト

幹細胞シンポジウムで3名が発表し,城下さんが優秀発表賞を授賞されました.

2021.05.22

初めてのバーチャル開催となった第18回幹細胞シンポジウムで私たちの研究室からは以下の3つのポスター演題を発表し,その中で城下さんが優秀発表賞を授賞されました.おめでとうございます!

城下 郊平(学振特別研究員・慶應義塾大学大学院医学研究科)

Environmental optimization to maintain the function of hematopoietic stem cells after genome editing

藤田 進也(客員研究員・慶應義塾大学大学院医学研究科)

Non-neuronal acetylcholine in the bone marrow regulates B cell differentiation

森川 隆之(研究員)

Nitric oxide-dependent vasodilation maintains physiological hypoxia and local crawling of hematopoietic stem cell in bone marrow