国立国際医療研究センター研究所 生体恒常性プロジェクト

大学院生の綿貫くんの論文がBiochem Biophys Res Commun誌に受理されました.

2019.04.17

慶應義塾大学大学院博士課程から当ラボで研究している綿貫くんの論文「ATP turnover and glucose dependency in hematopoietic stem/progenitor cells are increased by proliferation and differentiation」がBiochem Biophys Res Commun誌に受理されました.共同研究では京都大学の山本先生にお力添えいただきました.厚く御礼申し上げます.